10,000円以上のお買い上げで送料無料!
お支払いはクレジットカード、代金引換、または銀行振込で! VISA,Master,JCB,AMEX,Diners,Discoveryに対応
ALウェルド君YK-388

アルミ専用ガス溶接棒 ALウェルド君

YK-388

ALウェルド君  (YK-388)

ALウェルド君YK-388

写真は500gパッケージの中身です。(イメージ)

ALウェルド君YK-388 は、従来困難と思われていたアルミニウムの肉盛、接合用に開発された第2世代のガス溶接棒です。フラックスを使用しないため溶接部の腐食は全くありません。

ALウェルド君は388度で溶融するため、アルミ缶のような薄い板の穴補修から鋳物のクラックの肉盛まで使用することができます。
あらゆるアルミ製品に利用できます
熱入力が従来の溶接方法より格段に低く、完成品の不具合を修正しても歪が出ません。
フラックスを使用しません
フラックスを使用しないため、素材を洗浄する必要がありません。したがって溶接後の腐食の心配は皆無です。抗張力も高く、肉盛後の機械加工も容易に行うことができます。

修復可能なアルミ母材
*アルミ合金(#1000~#7000系=全てのアルミ製品)
*ダイキャスト製品(ADC)
*亜鉛製品、ピューターなど
*アルマイトを除去すれば補修可能ですが、再度アルマイト処理をおこなうことは出来ません

誰でも簡単にアルミ溶接ができ、アーク溶接機もアルゴンガスも使用しません。しかも肉盛部は元の母材より高い強度になります。

溶接方法
1.溶接表面をヤスリ、グラインダーまたはステンレス製ワイヤーブラシで表面の油脂や汚れ・酸化膜やアルマイトを除去します。(※鉄製ワイヤーブラシは使用しないでください。)
2.母材を388℃以上に加熱します。(※YK-388を直火に当て無い様にします。)
3. ネジや薄板アルミは適温まで加熱した後、YK-388で表面を引っかきながらメッキする要領で薄く材料を延ばします。酸化膜やアルマイトを取るためにステンレス製ワイヤーブラシを使ってください。(※鉄製ワイヤーブラシは使用しないでください。アルミが腐食します。)
4.作業終了後、自然空冷してください。厚さ6mm程度までの材料はプロパンでも加熱できますが、それ以上の厚みの場合はアセチレンガスの使用をお勧めします。

機械的特性

硬度 プリネル100 参考 ジュラルミンA2017
抗張力 47,000PSI(33kg/mm2) 参考 ジュラルミンA2017(38kg/mm2)
熱膨張率 15×10-6/℃
比重 6.7
融点 388~390℃

デポジット化学成分

アルミ合金(アルミ、銅、亜鉛、その他)

適用箇所
*エアコン部品 *ラジエーター *トランスミッション *オートバイ部品 *配管接続*アルミボート *アルミ製スクリュー *エンジンブロックなどの部品*アルミはしご *アルミタンク *トラックやバンなどのアルミボディー *板金 *釣具のアルミ部品*航空機の部品(重要保安部品を除く)*自転車部品 *道路標識 など

アルミ缶の底の穴埋め①

アルミ缶の底の穴を埋めることもできます。

アルミ缶の底の穴埋め②

アルミ缶の底の穴を埋めることもできます。

アルミ缶の底の穴埋め③

アルミ缶の底の穴を埋めることもできます。

アルミ厚板補修①

厚みのあるアルミ板も補修できます。

アルミ厚板補修②

溶けたところにボルトを差し込みます。

アルミ厚板補修③

ボルトを少し締めこんでから緩めると、ネジ穴を再生できます。また、先に穴埋めしてからドリルで穴を開け、タップを立てることもできます。

アルミのドアパネル修理①

ドアパネルの穴埋めもできます。

アルミのドアパネル修理②

熱膨張しやすいので気を付けながら手早く穴埋めします。

アルミのドアパネル修理③

ちょっと不格好ですが穴埋めできました。

アルミのドアパネル修理④

高いところを落として、余分なウェルド君を削り落としてパテ付します。

ちょっと古い動画ですが、よろしければご覧ください。

注文番号タイトル(定価)販売価格(税別)
在庫状態数量単位 
alweldkun55本パッケージ(¥5,000)¥3,500
在庫有り
alweldkun500500gパッケージ(¥13,500)¥9,000
在庫有り
alweldkun10001kgパッケージ(¥25,000)¥18,000
業務パック割引
  • 3~4式で1式あたり¥17,460(税別)
  • 5~9式で1式あたり¥17,100(税別)
  • 10式以上で1式あたり¥16,200(税別)
在庫有り

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です